広島での合宿免許の思い出

大学3年生と4年生の間の春休みに、合宿で免許をとりました。

 

社会人になってからだとまとまって時間をとるのが難しいし、4年生の時は卒業旅行とかいろいろあり、できれば空けておきたい。それで、3年生終了後の春休みは最後のチャンスでした。

 

行ったのは、広島県の山中にある教習所。広島市内の集合場所で、参加者がマイクロバスに乗りました。ざっと見た感じ、多分ほとんど大学生。まあ春休みの時期にまとまった時間がとれるのは大学生ぐらいだから、当然でしょう。男7:女3という感じ。仲間で来ている人々もいて、すでに観光気分で盛り上がってます。

 

現地に到着。想像していたような山の中ではなく、町のはずれにあります。全員で説明を受けた後、泊まる部屋へ。僕の場合は4人部屋になっていました。個室にすることもできますが、その場合は料金が高くなります。女の子はそっちを利用することも多いようです。

 

相部屋になった方々とは当然初対面で、ぎこちないまま過ごす。まあこれは覚悟してたし、こんなもんでしょう。1時間ほどして、集合します。まず全体の流れや注意事項などの説明があります。それから早速授業を開始。とにかく2週間の間に絶対マスターしないといけないので、みな結構必死です。

 

1日目から、実技も含めて5コマの授業があります。スケジュールは知っていたとはいえ、やっぱり実際やってみるときつい。夜7時半に全ての授業が終わった時はぐったりしました。さて免許以外に気がかりなことと言えば、やっぱり人間関係。しかし僕はあまり社交的な方ではなく、必死で仲良くなろうとしても無理だと思っていたので、あえてマイペースで過ごしました。それよりむしろ、空いた時間は勉強しました。

 

そうこうして2週間が終了。無事卒業でき、その後の免許試験状での試験も通ることができ、免許を獲得できました。


このページの先頭へ戻る