楽しい?寂しい?出会いは?一人での合宿免許にチャレンジしてみよう!

一般的には近くの自動車教習所に通って運転免許を取得するという人が多いのですが、運転免許を取得するためにはその他の方法を選ぶこともできるのです。それが合宿免許と呼ばれる方法です。

 

遠隔地で行われている免許取得プログラムに参加して運転免許の取得を目指すのです。合宿免許では泊り込みで教習を受けることになりますし、また免許の取得までには最低でも2週間程度が必要です。そのため友人と一緒に参加する人が多いようなのですが1人で参加してもOKなのです。

 

初めての場所で教習を泊りがけで何日もかけて受けることについては不安を感じる人も多いでしょう。あるいは途中で寂しさのあまりリタイヤしてしまうのではないかと心配な人もいるかもしれません。しかし実際に合宿免許に参加している人の中には1人で参加している人も多いですし、運転免許取得という共通の目標を目指す仲間ですからすぐに親しくなることができるはずです。

 

最初は声をかけにくいかもしれませんが勇気を出して話しかけてみてください。すぐに意気投合して同じ目的に向かって頑張る仲間になることができるでしょう。

 

合宿免許には1人で参加することもできます

男性の3割から4割、女性の1割から2割程度の人が合宿免許に1人で参加しています。あなたと同じように1人で参加している人は他にもたくさんいますので、すぐに誰かと仲良くなることができるはずです。

 

また人見知りの人や周りの人と親しくなることが苦手だと言う人の場合でも心配する必要はありません。宿舎は1人部屋ですから周りに気を使う必要はありませんし、免許を取得するという目標に向かって教習に専念すれば良いのです。1人で合宿免許に参加する人は特に珍しくないですし、周りから浮いてしまって注目を集めてしまう心配などもありません。

 

またインターネット上には合宿免許の口コミを集めたサイトなどもありますので、実際に参加してみる前に目を通して確認してみることをおすすめします。口コミ情報をチェックすればどのような雰囲気で合宿免許が行われているのかを事前に知ることができますので、参加に関する不安を解消するためにも役立つはずです。

 

女性が1人で合宿免許に参加する場合には注意が必要です

合宿免許に参加したいけれど一緒に行く仲間がいないという女性の場合には、合宿免許に1人で参加することをおすすめしたいと思います。ただし合宿免許に女性が1人で参加する場合には注意も必要です。10年ほど前には「女性が1人で合宿免許に参加すると他の男性参加者に襲われたりすることがあるため危険だと」などという噂もあったのです。現在ではほとんどの合宿免許でしっかりとした対策が行われていますので心配する必要はないのですが、安心して参加するためにはセキュリティなどについても念のために事前に確認しておくことが重要になります。

 

現在では女性専用の宿舎を用意している合宿免許がほとんどです。女性の宿舎に他の男性参加者が進入することはできませんし、セキュリティ対策も充実していますので安心して免許取得に専念することができるのです。また最近では1人で合宿免許に参加する女性が増えていますので、あなたが合宿免許に1人で参加することに不安を感じているのであれば同じように1人で参加している女性を見つけて声をかけてみてください。相手もあなたと同様の不安を感じているはずですから、すぐに意気投合して仲良くなれるはずです。

 

また女性が合宿免許に1人で参加しようとすると「危ないから止めておきなさい」などと家族に反対されることもあるようです。そのような場合には合宿免許のパンフレットやインターネットサイトを家族に見せて「宿舎は完全に男女別であること」「セキュリティ対策が充実していること」「1人で参加している女性も多いこと」などを説明して説得してみてください。合宿免許は短期間で免許が取れますので、できるだけ早く免許が取得したいという人にとってはとても有利なのです。

 

教習などに集中して取り組みたい人には1人部屋をおすすめします

短期間で集中して教習を受けることにより早期の免許取得を目指すのが合宿免許です。遠隔地で行われるため合宿免許の期間中はどこかに宿泊することになります。合宿免許が準備している宿舎を利用することが一般的なのですが、この場合には1人部屋と相部屋のいずれかを選択できるようです。

 

1人部屋を選択すると利用料金が高いため、お金にゆとりのない学生さんなどは相部屋を選んで少しでも利用料金を抑えたいと考えるかもしれませんが、合宿免許に参加するのであれば宿舎はできれば1人部屋を選ぶことをおすすめしたいと思います。合宿免許の場合には数週間を宿舎で過ごすことになりますので、1人部屋を選んで落ち着いた時間を過ごせば日々の教習に集中して取り組むことができるでしょう。

 

一方で相部屋を選べばにぎやかでおしゃべりもできて楽しそうだと考える人もいるでしょう。確かにその通りなのですが、初めて出会った人たちと一緒に同じ部屋で過ごすというのは思った以上に気を使うものなのです。1日の教習が終わって疲れた時には周りを気にせずに1人でゆっくり過ごしたいという気分になりますし、また早く眠りたいのに周りがうるさくて眠れないことなどもあるかもしれません。

 

1人部屋を選ぶと確かに料金は割高になりますが、教習に集中することができますのでむしろお得だと考えることもできます。合宿免許では教習所の近くのホテルや旅館などを宿舎として使うことが多いようです。1人部屋ならば自分専用の部屋ですから気分も良いですし、また学生さんなどであれば空いた時間を活用して学校の課題などに取り組むことで有効に利用することができます。合宿免許に集中して取り組みたいという人には相部屋よりも1人部屋をおすすめしたいと思います。

 

途中で寂しくなってしまったらどうすれば良いのでしょうか

1人で合宿免許に参加した場合に途中でホームシックとなってしまう人などもいるようです。合宿免許では自分が普段暮らしている場所から離れて周囲に誰も親しい人がいない状況で過ごすことになりますので、寂しく感じるのも仕方がないかもしれません。

 

またホームシックなどの深刻な症状でなくても、「早く合宿免許を終わらせて家に帰りたいな」という気分は誰もが感じるようです。特に合宿免許が始まったばかりの頃は「まだたった○日しか過ぎていない」などのように時間の経過がとても遅く感じられることが多くなります。このような気分を払拭するためには合宿免許の環境を積極的に楽しむことがおすすめです。

 

例えば教習が終わった後の時間や空き時間などには宿の周辺の散歩などをしてみましょう。また近くに観光スポットなどがあれば訪ねてみるのも良いかもしれません。あなたの家や地元などのことを考えてしまうとどうしても寂しさを感じてしまうことになります。しかし一方で今の場所をもっと深く知ろう、今の場所をもっと楽しもうという気分になれば合宿免許の日々を充実した気分で過ごすことができるのです。

 

ホームシックになってしまうことを防ぐためには合宿免許に対してより積極的に取り組むことが重要です。免許取得という目的に集中すれば余計なことは気にならなくなりますし、数週間程度の期間はすぐに過ぎ去ってしまうものなのです。

 

合宿免許で友達を作りたい人には相部屋をおすすめします

合宿免許では宿泊する施設が他の参加者と相部屋になる場合などもあるようです。相部屋では初対面の相手と一緒に数週間を過ごすことになりますので気を使う必要がありますし、あるいは周りが気になって教習に集中できない場合などもあるかもしれません。人付き合いが苦手な人や神経質な人には1人部屋を選ぶことをおすすめします。

 

ただし合宿免許の口コミなどを見てみると「相部屋は合宿免許の醍醐味」だと感じている人もいるようですし、相部屋の方が1人部屋よりもメリットが大きいと考えている人も多いようです。1人部屋と相部屋で迷っているという人は相部屋のメリットについても確認してみてください。

 

相部屋の最大のメリットは低料金で利用できるということです。実際にはそれぞれの合宿免許によって料金の違いがあるのですが、相部屋を利用する場合には1人部屋を利用するよりも料金が2〜3万円程度安くなることが一般的です。特に学生さんなどの場合にはこの料金の違いはとても大きいと言えるでしょう。

 

相部屋の場合には1つの部屋を2人から6人程度が共同で利用することになります。最初はもちろん知らない者同士ですのでお互いに緊張するかもしれません。しかし免許取得という同じ目標のために集まった仲間ですからしばらくすればすぐに打ち解けるでしょう。運転のコツなどを情報交換したり一緒に試験勉強などをすることで自然に連帯感が生まれますし、また食事や外出などに一緒に出かければお互いに親近感を感じるはずです。

 

相部屋には普段ならば知り合うことのできないような人と知り合うことができると言うメリットもあるのです。合宿免許で友達を作りたいという人には相部屋を積極的に利用することをおすすめします。

 

1人で参加する場合の合宿免許の選び方について

1人で合宿免許に参加するという場合には、事前に合宿免許の様々な条件などについて詳しくチェックしておくことが重要になります。特に注目して欲しいのは「合格保証システム」です。合宿免許でも一般の教習所と同じように終了検定や卒業検定を受けることになります。この時に1回で合格できれば良いのですが残念ながら不合格になってしまう場合もあるかもしれません。

 

そんな場合に一定の回数までは料金無料となるのが「合格保証システム」なのです。現在では多くの合宿免許で「合格保証システム」を採用しているのですが、実際に何回まで無料で利用できるのかについては合宿免許により様々となっています。申し込みの際には無料で利用できる回数などについてもしっかりと確認するようにしてください。

 

また交通費の負担についてもしっかりと検討するようにしましょう。合宿免許が遠隔地で行われる場合には必要な交通費も高額になります。また往復の交通費は全て参加者の自己負担という場合もありますし、あるいは片道分を合宿免許が負担してくれる場合などもあるようです。交通費がどのような扱いになるのかもしっかりと把握して合宿免許を選んでください。

 

合宿期間中の食事も重要なチェックポイントです。食事については自炊のコースと食事が提供されるコースとがあるようです。自炊のコースの場合には費用は安くなりますが準備の手間がかかりますので何かと面倒かもしれません。費用がかかってもかまわないのであれば食事が提供されるコースを選んだ方が教習に集中できて有利になります。

 

1人で合宿免許に参加する場合には、教習期間中をできるだけ快適に過ごして教習に集中することが重要になります。まずは自分にとって特に重視したいポイントが何なのかを確認してみてください。そこから考えれば自分に最もふさわしい合宿免許を選ぶことができるはずです。

 

一人で参加できる合宿免許を探せるサイト【ベスト3】




このページの先頭へ戻る