高速道路教習

自動車免許取得において、今考えるとちょっと怖かったなあと思った教習の内容は「高速道路教習」です。

 

仮免の状態で高速スピードを出しながら、高速道路に乗るというのはよくよく考えたらなかなか勇気のいることです。特に高速道路に入るタイミングというのは、隣に教官がいるとは言え、ちょっと運任せなところがあり、よく事故を起こさないでいられたとすら思います。

 

確か私が高速道路教習したときは、3人くらいまとめて行ったと思うのですが、私も含めて一様に皆緊張していたと思います。ですので、何とか無事に高速道路教習を終えた後は、いつもの教習以上にホッとしたことをよく覚えています。

 

私は現在ペーパードライバーですので、それ以来プライベートで高速道路は利用していません。なので、もし今利用することになったらとても怖いと思います。一般道はもちろんのこと、高速道路の走行にはなおさら注意して運転しなければなりません。


このページの先頭へ戻る