免許取得にかかる費用

自動車の免許を取得しようと思ったら、まず気になることのひとつは一体どのくらいの費用がかかるかということではないでしょうか。自動車免許取得の方法としては大きく分けると自動車講習所に通うか、合宿所で短期集中して取得するかの方法が挙げられます。

 

かかる費用に関していえばどちらもあまり大差はありません。相場は約30万円程度でしょうか。ではとりあえず30万円ほどお金を用意しておけば免許がとれるかというとそういうわけではなく、最低限必要な技術や知識が習得できず試験に落ちればそれだけ費用も多く掛かりますし、たとえスムーズに免許取得まで漕ぎ着けたとしても、運転する自動車がなければ意味がありませんし、自動車の運転をするのであれば任意保険の加入もしなくてはなりません。

 

自動車免許は取得したら運転の感覚を忘れない為にすぐ運転の習慣を付けたほうが良いでしょう。免許取得を考えたらその語後の自動車購入や保険のことまで見据えて資金を準備しましょう。

 

◆合宿免許がいいと聞くが時間が取れない方は自動車学校へ
日本で車を運転するには運転免許が必要となります。運転免許を取得するには試験場で試験を受けるか、指定された教習場を卒業するかの二種類があります。金額的には試験場で試験を受けるのがお財布には優しいですが、運転経験がないとどうやって運転していいのか分からず、そういうわけにはいかないので、多くの人が教習場に通い、免許の取得に取り組みます。どれくらい費用に差が出てくるかといえば、試験場で合格した場合には5650円の支払いで住みますが、教習所でATのみでも30万ほど。MTも取得する場合にはそれにいくらか加算されます。

 

費用を安くしたい場合には自動車免許を取得する合宿などが良いとよく聞きますね。しかし、なかなかまとまった時間が取れない、しっかりと運転をマスターしたいと考える場合には自動車学校に通って、免許の取得をするのが無難でしょうね。

 

◆自動車免許所得の費用は年齢とほぼ一緒でした
春になると、新免マークの自動車を多く見かけるようになります。若いドライバーが緊張しながら運転する姿を見て、私が教習所へ通ったのを懐かしく思います。

 

当時の自動車教習所の費用は、年齢とほぼ同じ金額が必要と言われていました。つまり20歳なら約20万円、30歳なら30万円です。若い世代なら学科と技能を早く習得でき、年齢を重ねるにつれ追加の補習で金額がかさむ計算です。

 

私が自動車教習所へ通ったのは、24歳です。概算で24万円かかる計算なので、両親から費用を出してもらいました。もう働いていましたので、追加補習は自分で払うように言われました。しかし私は費用を収めた後の残金を、お小遣いで使ってしまったのです。

 

追加補習なんて払いたくない私は、空いた時間に学科の本を何度も読み返しました。仮免許も1回で合格し、卒検も難なくクリアし追加費用を払わずにすみました。もちろん本試験も1回で合格できました。


このページの先頭へ戻る