合宿免許の一人部屋のメリットとデメリットを確認してみよう

合宿免許に参加するとき、一人部屋が良いのか、相部屋が良いのか悩ましいところです。もちろん人それぞれの考え方によって異なってくるかと思いますが、特にどちらでも良いという方は1人部屋のメリットとデメリットを考えてどちらにするのか選んでいきましょう。

 

1人部屋のメリット
1人部屋を選ぶ事の最大のメリットは何と言ってもゆっくりと過ごすことができる、自分のペースを維持しやすいということでしょう。例えば合宿免許に参加して1人の時間になったときに自分の好きなタイミングで寝ることもできますし起きることもできます。もちろん勉強する、テレビを見るなど何でも好きなように時間を使うことができるというメリットがあります。

 

1人部屋のデメリット
1人部屋のデメリットは特にありませんが強いていうなら料金が少し高い場合があります。また、他の合宿免許に参加している人たちが相部屋でグループを作り、合宿免許が終わるまでずっとひとりできなくてはならなかったといった話もよく耳にします。

 

相部屋のメリット
相部屋のメリットは「合宿免許に参加している!」という気持ちになりやすいということです。知らない人と相部屋になるのは不安に思う人もいるかもしれませんが、一度友達になってしまえば楽しい合宿免許を過ごすことができる可能性も高いです。そこから親友のようなつき合いになったという話も多いですね。

 

相部屋のデメリット
相部屋の最大のデメリットは合わない人と同じ部屋になってしまうと合宿免許が苦痛になってしまうということです。また、プライベートな空間がないため自分の好きなタイミングで勉強に集中できないというのもデメリットです。


このページの先頭へ戻る