思うように合格できなかったとき、期間を延長できる?

合宿免許が気になっていてパンフレットやホームページなどをチェックしている方も多いと思います。よくあるキャッチコピーに「最短14日で免許取得可能!」といったものがありますが、これはあくまでも学科、実技ともに問題なくクリアすることができた人が最短14日で免許を取得することができる、と言った内容になっています。つまり、誰でも必ず最短で免許を取得することができるというわけではありません。

 

せっかく合宿免許に申し込みをしたのは良いけれど、スケジュール通りに試験をクリアすることができなかった、教習を受けることができなかったといった場合も十分考えられます。そこで最近ではより多くの方が安心して利用することができるように延期にも対応している合宿免許が増えてきています。ですので、万が一ストレートに合格することができないかもしれないと心配な方は延期に対応している合宿免許を選ぶようにすると良いでしょう。

 

ここでさらに確認しておきたいのが延期する期間はどれくらいの長さまでなのかということ。こちらは教習所によって内容が異なりますので必ず事前に確認しておかなくてはなりません。多くは3日間や5日間で1週間となっているようです。

 

とはいえ、合宿免許は期間中はみっちりと免許を取得するための勉強を続けていく環境にありますのでよほど運転技術に問題がない限りはストレートで合格する方が多いのが特徴です。もちろん合宿免許の教官はどのようなポイントを重点的に勉強すれば短期間で合格することができるのかといったノウハウもしっかりと身につけていますので安心して参加してみてください。


このページの先頭へ戻る